鉄骨製品の受注から、鉄骨が現場で組み上るまでの流れをご案内します。
どの工程も遅滞なくスムーズに実施できることが当社の強みです。
01 02 03 04 05 06 07 08 09

STEP.01受注

先にご提示したお見積などの諸条件にご了承いただければ、受注になります。正式な納期については、できるだけご希望に沿うように調整いたします。

受注

STEP.02加工図の作成

お客様から頂いた施工図を元に、工場で加工するための詳細な加工図をつくります。各部材の寸法や穴あけの位置などを図面に落としていきます。

加工図の作成

STEP.03材料発注

加工図から導き出された材料を商社またはメーカーに発注します。

材料発注

STEP.04加工

組立のための加工や下処理を行います。穴あけ、酸化被膜(錆)の除去、切断、研削などを手順に従い、正確かつ丁寧に行います。

加工

STEP.05溶接・組立

資格を持つスタッフが部材を溶接し、組立を行います。

溶接・組立

STEP.06社内検査

加工された部材に不具合がないかどうか寸法検査、超音波検査等を行い、製品の制度や安全性を確認します。

社内検査

STEP.07検査(受入検査)

社内検査が終了した鉄骨は更に第三者による検査を行い、最終的に品質が保証されます。

検査(受入検査)

STEP.08塗装・出荷

製品に錆止め塗装を行い、完成した製品を工場から出荷します。

塗装・出荷

STEP.09現場施工

出荷された製品は、現場で建方工事を行います。建方工事は当社が行うこともあれば、当社のパートナー企業が行うこともあります。

現場施工